海外FXで損をしないようにする方法

海外FXは一獲千金を狙える

最近では収益性を求めるトレーダーが海外FXに挑戦する傾向があり、レバレッジが高く一獲千金を狙えることに魅力を感じているためです。一方の国内の業者はレバレッジが25倍までに制限され、口座残高不足になると追証として請求され借金を背負うこともあります。逆に、海外の業者はレバレッジが1000倍と非常に高く、追証なしのため口座残高不足になっても補填してもらえて安心です。また、レバレッジが高いと少ない資金で大きいポジションを持て、成功すれば多くの利益を得られます。そのほか、新規口座開設や入金でもボーナスがもらえ、未入金でもトレードをして利益を出せばそのまま出金も可能です。ただし、そのためには条件を設ける業者もあり、ルールを守ってトレードを行う必要があります。

安易な勧誘に惑わされないようにしよう

海外の業者は日本の金融庁から許可を受けずに営業し、収益性以外の点ではデメリットが目立ちます。中でも、新規口座開設や入金でのボーナスや高いレバレッジがまさに勧誘であり、実際にはトレードをして利益を出しても出金できないなど詐欺の被害にあうことも多いです。このため、業者に関する口コミや評判がある程度集まり、なおかつ良い内容でなければ会社概要や実績を参考にして判断するしかありません。また、国内の業者は日本語でも通用でき送金もスムーズにできますが、海外になるとそうはいかないこともあります。送金や出金をするときは手数料がかかり、スプレッドも広く取引コストが高くなることも多いです。このため、サラリーマンの副業としてFXをするときはいきなり海外の業者を選ばず、国内でトレードの経験を積んでから挑戦する必要があります。

計画的にトレードをしよう

海外FXはハイレバレッジで一獲千金を狙え、追証なしのゼロカットシステムが特徴です。このため、入金額以上の損失を防げるため、ボーナスで有効証拠金を効率よく増やして利益を出すようにすると効果があります。また、ECN口座を選べばボーナスがないもののスプレッドが狭くなり、取引コストを減らせて短期売買をするために最適です。海外の業者とトレードをするときは金融ライセンスがなく信託保全でなければ倒産すると資金を失うことや出金ができなくなり、事前に確かめてから取引先を選ぶとリスクを回避できます。トレーダーがおすすめする業者は口コミや評判が良く、評価も高いため参考にすると選びやすいです。このため、海外FXに挑戦するならリスクが低くなるよう計画を立て、利益を積み重ねるようにすると効果を期待できます。